カーペットはお部屋の模様替えに合わせて新しいものを購入してみよう

絨毯

カーペットの役割

どこのご家庭でもカーペットは当たり前のように敷いていると思いますが、カーペットの役割まで考えて使っていますか?カーペットはオシャレに見せるだけのアイテムではなく、大事な役割があります。まず、足音を消す防音効果があります。集合住宅や2階建て以上の建物にとっては生活音を吸収してくれるというのは周りへの配慮としてとても大事なことです。
次に傷や凹みから守ってくれます。賃貸の場合などは重い家具などを引きずって傷がついてしまわないように防止することができます。またゴミやホコリをキャッチして吸収し、空気中に舞うのを防いでくれます。フローリングのみの場合よりカーペットを敷いている方が空気中にゴミが舞い上がらず衛生的な環境が作れます。
そして冷気や熱を防ぐ断熱効果もあります。冬場は床からの冷気を防いでくれますが、夏場もクーラーなどの冷気を逃さないようにしてくれるので冷房を効率的に使えます。これはエアコン代の節約になります。さらにクッション代わりにもなります。靴を脱いで生活する日本人にとってはとくに歩行時の衝撃を吸収してくれるため、疲れにくくするサポートもしてくれるのです。
最後にインテリアとしての役目です。その部屋の家具に合わせたり、自分の好みのものをチョイスすれば、視覚的、空間的に楽しませてくれます。このようにカーペットには大事な役割があるのです。

カーペットの掃除は簡単に済まそう

どこの家にも1つはあるカーペットですが、掃除をするのが意外と大変に感じたりすることはありませんか。もともと、床を傷つけないために敷かれているカーペットですが、長年使っていると臭いやシミ、毛足が長いカーペットには髪の毛などがしぶとく残ってしまいます。カーペットの毛足に絡み付いた髪の毛やペットの毛などは、掃除機でどれだけ頑張っても、すべてをキレイに吸い取ることが出来ません。コロコロなどもありますが、ゴミと一緒にカーペットの繊維も取れてしまいます。
わたしは、ビニール袋の静電気で髪の毛を取っています。ビニール袋の中に手を入れて、カーペットをそっと撫でるだけです。静電気が弱い場合は、下敷きやテレビなど静電気が起きやすいものに袋を擦り付けると、簡単に帯電します。コロコロはすぐに粘着力不足になりますが、ビニール袋なら簡単に静電気を戻すことができるし、どの家庭にもあるものです。新しく買ってこなくて良いというところがとても経済的ですし、袋はそのまま捨てれば良いので手間がかかりません。
臭いを取る場合には重曹を撒いておいておくと、翌朝には臭いを吸着してくれます。撒いた重曹は掃除機で吸うだけです。面倒に思われがちなカーペットの掃除は、工夫次第で意外と簡単にできるんです。

カーペットの思い出について

一般的にカーペットと言えば、豪邸に住んでいるお金持ちの人が、玄関やリビングで使用しているようなイメージを持っている人も多いと思われます。確かにカーペットという響きが高級感を持たせてしまうのかもしれませんが、実はカーペットとも呼ばれます。
カーペットであれば、私の様な一般人にも身近なものとして慣れ親しみがあります。ここからは、想像しやすい様にカーペット=カーペットとしたいと思います。私のカーペットの思い出は、今から30年くらい前になります。当時は私の家にはエアコンがなく、寒い冬にはストーブと電気カーペットを併用して乗り切っていました。私がよく実践していた事は、電気カーペットの電源を入れて暖かくなったところで、毛布を被り横になっていました。
横になりながら、カーペットの丁度いい暖かさはすぐに私の眠気を誘うほど気持ち良かった事を覚えています。ストーブやこたつとは異なり、カーペットはいつも私を暖かく包み込んでくれていました。そうはいっても結局はカーペットの上で寝る事に対し必ずと言って良いほど怒られていました。現在はエアコンもある為、なかなかカーペットを使用する事が有りません。しかし、いずれは私もカーペットではなく、高級カーペットが似合うようになりたいと思います。

絨毯のメンテナンス業者がある

家の玄関や部屋に絨毯を敷いている方も多いのではないでしょうか。絨毯はふわふわで感触が気持ちよく…

MORE ▶

お部屋に絨毯を敷くことのメリットとは

皆さんのお家の床はフローリングでしょうか、畳でしょうか。どちらにしても絨毯をその上に敷いておく…

MORE ▶

絨毯のいいところと選びかた

最近はフローリングがメインのお宅がほとんどになりました。日本の生活スタイルでは、なくても生活で…

MORE ▶

sub menu